住吉区 長居 歯科

虫歯の原因

虫歯になりやすい人となりにくい人がいますが、もともと虫歯の原因は何なのでしょう。

 

虫歯になるには条件があり
・食べかす
・歯質の強さ
・虫歯菌

 

などが増えることによって虫歯になるのです。

 

そのため、どんなに虫歯菌がいたとしても歯磨きをきちんとすれば、虫歯を防ぐことが
できるのです。

 

家族や友人とまったく同じ食事や生活をしても虫歯になりにくい人やなりやすい人も
いますが、虫歯予防をきちんとしているかどうかで変わってきます。

 

またミュータンス菌と言うのを聞いたことがあるかと思いますが、この細菌は糖質を
分解してネバネバの物質を作っていくため、歯に糖質がついていればどんどんネバネバに
なり、細菌がそこにくっついていき歯垢(プラーク)となります。

 

住吉区 長居の歯科で虫歯を治療をしたら、その後は虫歯にならないように努力を
することも大切です。

 

そのためには、まずはどうしたら虫歯になるかをきちんと知っておき、
原因をどんどん
なくしていくように心がければ、自然に虫歯になりにくくなります。

虫歯の予防

 

虫歯の原因がわかったら、虫歯の予防をしていくことが大切です。

 

歯医者さんが苦手な人は住吉区 長居の歯科に通いたくないな・・・と思っているかと
思いますが、それならきちんと口の中を清潔にしていきましょう。

 

またきちんと歯磨きをしているから大丈夫!と思うかもしれませんが、飴やガムなどを
普段から食べていたり、ジュースを飲むという人の場合も注意が必要です。

 

せっかく歯磨きをしても、その後にジュースなどを飲んでいたら実は意味がないのです。

 

ガムは予防になるのでは?と思うかもしれませんが、ガムも選ばないと糖類によって
虫歯になってしまう
ことがあるので注意が必要です。

 

そしてもうひとつ。

ガムやジュースなどを口にしなくても、口呼吸の人や唾液が少ない人は虫歯になりやすいため、水分をきちんと取るようにしたり、鼻呼吸をするようにしたりと普段の生活をすこし改善してみるのも良いでしょう。

 

食後の歯磨きをした後は、間食をしたりジュースなどを飲まないことと、糖類をとったら食事をしたのと同じく歯磨きをするようにして下さい。

虫歯の進行と歯科治療

 

子どもが小学校などで歯科検診をすると住吉区 長居の歯科に行くように用紙を
もらってくることがあります。

 

その用紙にC1〜C4など書いてあることがありますが、これは虫歯の段階です。

 

■C1
痛みはなく、初期段階の虫歯です。
虫歯の始まりで、治療もとても簡単なのでC1の場合はすぐに治療しましょう。

 

■C2
少し自覚症状があります。
冷たい水や甘いもので刺激がありますが、まだこの段階なら治療は比較的簡単で
神経を取ることはありません。

 

■C3
虫歯が歯髄に達すると痛みも強くなります。
治療にも時間がかかりますし、歯が欠けてしまったり、弱くなってしまっているので
早く病院に行かないと痛みだけではなく、炎症を起こしてしまうことがあります。

 

■C4
激痛がなくなるので、落ち着いたと思ったら実は最悪な状態で歯髄が完全に
侵されてしまっているので歯が死んだ状態になっています。
神経が死んでしまっているので痛みはありませんが、良くなることはないので
早めに住吉区 長居の歯科にできるだけ早く言ってください。
ただし、ここまでくると歯は残せなくなってしまいます。